忍者ブログ
ニャンズとワンと88の暮らし
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の「因果応報事件」・・・
やり場のない思いを書きなぐってしまったのだけど^^;
その後あの記事が、『人の暖かさを感じさせてくれる出来事』を
何個もプレゼントしてくれました。
人って凄いなぁ~ わたしもそう在りたいなぁ~ と思った^^
感動しちった。
みんな、ありがと~♪


そんな2月の出来事をダイジェストで。
まず1/30まで遡ります。。。

*1/30 このお二方とWデート *^-^*

481a5fbd.jpeg

立川にあるスウェーデン式ドックマッサージのお店『Frisk』へ行ってきました。
で、その後レストランでランチの図 (↑)

「ドックカフェ」じゃなくて「レストラン」ってのがポイント。
犬もOKだけど、人のお店。しかも小洒落てる。
すんごい緊張・・・アルフレド氏が暴走したら大変・・・

「・・・kohaさ~ん、寒いけど外にしましょうよ~」
とテラス席を提案。しかし姉御は
「大丈夫だって!何事も経験♪」・・・と。

で、結果はこのとおり♪
al-frisk3-1.jpg

スッゴイいい子だったよぉ(感涙)
1回吠えて注目浴びちゃったけど上出来だ!アルフレド氏!
それもこれも、kohaさんとみーちゃんが居てくれたから^^
ありがと~♪

で、肝心な『Frisk』でのマイクロバブルはこんな感じ。

マイクロバブルしてもらってます。
al-frisk1.jpg

で、乾かしてもらいました。
al-frisk2.jpg
サラサラになりました♪

みーちゃんがやっている間の待ち時間も
2階の部屋で遊んでもらってルンルン♪ 良かったねぇ♪
また行こうね!


次の日、
*2/1 血液型検査
7a00d13f.jpeg

犬の血液にはマイナス因子とプラス因子があって、
マイナス因子の子はプラス因子の子より少なく、全体の5分の1くらいらしい。
輸血が必要な時、マイナス因子の子はマイナス因子の子からの輸血が好ましいとのこと。
(1度はプラス因子の子からも輸血できるが、拒否反応がでる可能性あり)

今まで全く知らなかったのだけど、知ったからには調べなきゃ!
ともだち犬に供血でお役に立てるかもしれない。
と、調べてきました。

結果、アルフレド氏はマイナスでした。

調べてよかった。もし何かあってからじゃ遅いもの。
そして、周りのともだち犬にもマイナスの子がちらほら。。。
誰かに何かあったときには助け合えることもわかって本当によかった。

この血液型の事実、恐ろしいことに知らない獣医さんもいるらしく・・・。
アルフレド氏のかかりつけ医は
「えぇ~知らない獣医なんて居ないでしょ~」と言っていたけれど^^;
実際、居るみたいですよ・・・。

余談)マイナスの子には変わった子(性格が)が多いのだとか。
   個性的な子ね^^
   マイナスと診断された周りの子たちを見ても・・・頷ける(笑)


血液型検査の重要性を伝えてくれた まるちゃん。
zakuro23.jpg

これからに繋がるたくさんのことを教えてくれてありがとう。
ざくろの里ではじめて会った時
新入りのわたしにそっと寄って来てずっと隣りに居てくれた、まるちゃん。
優しい気持ちをありがとう。
また会おうね! 


つづく・・・

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
script*KT*
最新コメント
[07/27 88]
[07/27 88]
[07/25 ユキエ]
[07/21 ラスエドママ]
[07/19 88]
最新記事
プロフィール
HN:
88(あるままある子)
性別:
非公開
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ブログ内検索

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]